オススメアイテム

雨用の靴を買おう

日本は雨が多い国。 そこでいくつか雨に適したオシャレでクラシックな革靴を紹介していきます。 あくまで革は革です。比較的、雨に濡れてもトラブルが少ないものを紹介していきます。 Paraboot(パラブーツ) 雨の日のド定番シューズ。雨の日はパラブーツをは…

【Paraboot(パラブーツ)】William(ウィリアム)のすすめ

大人になったらパラブーツを買え。 フランスにはこんな格言があります。 Paraboot(パラブーツ)のWilliam(ウィリアム) 初めて見た時は全くかっこいいと思わなかったのが本音。 ダブルモンクならクロケットのラウンズかジョンロブのウィリアムを買おうと決めて…

英国伝統の生地HARRIS TWEED(ハリスツイード) の魅力

ツイード好きにとって冬の終わりほど寂しいものはありません。ゴワゴワしていて暖かな風合い。男臭くて渋いアイテム。 アメカジ好きも英国好きもイタリアおやじも秋冬には欠かせないアイテム。それがハリスツイードです。 ハリスツイードとは 高い技術とこだ…

Barbour(バブアー )英国好きなら必ず持つべき一着

全世界で愛されるオイルドジャケット、バブアー。 画像のタグの3つの紋章はエディンバラ公、エリザベス女王、チャールズ皇太子から授与されたロイヤルワラントの証。ウィリアム王子やキャサリン妃も夫婦で愛用しています。 バブアー の歴史 バブアー の機能…

【真冬の革靴】パラブーツ(Paraboot)のアヴォリアーズ(Avoriaz)とその靴磨き

パラブーツといえばシャンボード、ミカエル、ウィリアムが有名ですがそれらに並ぶ名作の1つがアヴォリアーズです。 真冬には真冬の革靴 タウンユースなトレッキングブーツ パラブーツ独自のリスレザー リスレザーのお手入れ 真冬には真冬の革靴 マウンテン…

携帯用シューホーンを持つべき理由

日本は習慣として靴を脱ぐ機会がとても多い国です。 革靴の場合なら脱いだり履いたりめんどくさいですよね。 しかし靴べらを使わずに革靴を履いてしまうとカカトの部分に負担が大きくなってしまいます。 カカト部分の革が痛むと靴全体のバランスが悪くなり靴…

秋はスエード靴の季節

スエード靴が最も輝く季節がやってまいりました!! スエードの靴を履いて公園を散歩。 平日の昼すぎに1人で公園を散歩。 イギリス好きとしてはツイードやフランネルのジャケット、バブアーなんかを羽織りたいですがさすがにまだ早いですね。11月までは我慢…

【革靴】まず初めに買うべき一足とは?タイプ別、用途別に提案するよ

いい革靴を一足は所有したい。という人は多いですよね。お手入れをして履けば長年履けるし、流行の移り変わりも服やスニーカーと違いすごい緩やか。 太ったりダイエットしたり筋トレにハマったり体系は変わりやすいですが足のサイズはなかなか変わらない。 …

J.M.Westonのローファー180 経年変化と靴磨き ビフォー アフター

フランスの革靴といえばJ.M.ウェストン。ウェストンといえばローファーです。ローファーといばウェストンです。 夏はいつもより履く機会が多くお手入れが出来ていなかったので久しぶりにお手入れをしました。 靴磨きビフォー アフターのビフォーです。購入し…

LACOSTE(ラコステ)のポロシャツ愛を語る

1933年に誕生し全てのポロシャツの源流となっているL.12.12シリーズ。当時テニスは白いシャツでプレーしていました。そこで元テニスプレーヤーのルネ・ラコステが開発したのがこのポロシャツ。ちなみにロゴの由来は粘り強いプレーをするルネ・ラコステのあ…