【真冬の革靴】パラブーツ(Paraboot)のアヴォリアーズ(Avoriaz)とその靴磨き

パラブーツといえばシャンボード、ミカエル、ウィリアムが有名ですがそれらに並ぶ名作の1つがアヴォリアーズです。

 

f:id:kukkylove1984:20180112154530j:image

 

 

 

 

真冬には真冬の革靴

マウンテンブーツだけあって暖かくて多少の雪でも歩きやすいソールになっています。
 
厚手の靴下にローファーもいいですが真冬ならでは革靴を楽しむのもありでしょう。とはいえ北米の靴はゴツい。
 
そこでちょうどいいのがこの靴です。こういう靴を一足持っていると冬が楽しみになりますよ!

 

 

 

タウンユースなトレッキングブーツ 

トレッキングブーツなんですがさすがフランスのメーカー。履いてみると上品でスマート。カジュアルで可愛いい。町履き用としてもかっこいい。

 f:id:kukkylove1984:20180117003603j:image

ウールのスラックスに合わせることができるマウンテンブーツなんておそらくこの靴くらいでしょう。

 

ちなみに1998年の長野オリンピックではフランス選手団の公式シューズにも選ばれ話題となりました。

 

パラブーツ独自のリスレザー

使用している革はシャンボードと同じリスレザー(オイルドレザー)。厳選された高級なカーフで柔らかく履き心地は◎!!

 

f:id:kukkylove1984:20180113191254j:image

靴底にはジャンヌソールというパラブーツオリジナルのソールが。クッション性がバツグンです。

 

リスレザーのお手入れ

リスレザーといってもお手入れは通常のカーフと同じです。

 

①馬毛ブラシでブラッシング

②ステインリムーバーで汚れを落とし

③クリームを塗る

といつも通りですね。

 

 

f:id:kukkylove1984:20180113055430j:image

ちなみにクリームはサフィールノワールクレム1925を使用。色はブラウン。靴はマロンという色ですがブラウンがほぼ同じ。

 

 

f:id:kukkylove1984:20180113055234j:image

向かって左(右足)がアフター。

このクリームは本当にすごいです。値段が少し高いだけの価値はあります。

 

クリームをまんべんなく塗ったら豚毛ブラシでブラッシング。

 

そして乾いた布で全体を優しくなでて余分なクリームを落とします。

 

f:id:kukkylove1984:20180113055758j:image

つま先は軽くワックスをかけました。

マウンテンブーツなのに。

 

うーんかわいいなー。

 

 

 

パラブーツはこれしか持っていないのですがシャンボードやウィリアムも欲しくなってきた 。